産後の抜け毛とは

オススメ記事はこちら→出産後の抜け毛にまだ市販のシャンプー使ってる?私のおすすめはこれ!

産後はいつ泣き出すか分からない赤ちゃんのお世話は思いがけないほど大変で、夜間の授乳やおむつ替えと休む暇がありません。
そんな中、お風呂で髪を洗っている時や髪を乾かしている時、髪の毛がたくさん抜けた経験はありませんか?
それは、7割のママが経験していると言われている「産後の抜け毛」です。

抜け毛はいつまで続くの?

産後の抜け毛は産後2~3か月から始まり、7か月までがピークとされており、1年後には抜け毛は落ち着いてくる方が多いようです。
このままでは髪の毛がなくなりおしゃれが出来ない、薄毛になってしまうと不安を抱えているママも多いかと思いますが、抜け毛は一時的なものなのでご安心下さい。

産後の抜け毛の原因は?

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 授乳中の母乳による栄養不足
  • 産後のストレス
  • 睡眠不足

この点が主な原因とされています。ひとつひとつ説明していきます。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスという言葉は、女性であれば一度は耳にしたことがあると思います。
女性は、女性ホルモンを持っており、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類が分泌されています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)

エストロゲン(卵胞ホルモン)

女性らしい体つきをつくって妊娠の準備をする役割。
卵巣内の卵胞を成熟させ、排卵と受精に備え、受精が起こると卵胞ホルモンは子宮に作用して、受精卵が子宮内膜を厚くします。
この受精前と受精後の卵巣ホルモンにより妊娠します。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

排卵直後から卵巣で作られたもの。
妊娠への作用も大きく、受精卵が着床しやすいように子宮膜を厚くし、体温をあげる作用があります。

抜け毛との関係は?

この2つのホルモンバランスの変化により、「産後脱毛症」や「分娩脱毛症」といった産後の抜け毛になります。
妊娠中に増える女性ホルモンの「エストロゲン」は抜け毛を防ぎ髪の毛を育てる働きがあるため、妊娠中に体の毛が濃くなったと感じる妊婦さんも多いでしょう。
しかし、出産を経て産後はこの女性ホルモンが急に減少することで、妊娠中に抜けなかった髪が一気に抜けます。
これが原因となっており、抜け毛や薄毛だけでなく、髪の毛にハリやツヤがなくなるなど髪質の変化もホルモンの影響となっています。

授乳中の母乳による栄養不足

食事から得た栄養は母乳へ優先的に送られ、髪の毛への栄養は後回しにされてしまいます。
育児中は忙しくて食事をゆっくり摂ることは難しいですが、母乳によってさらに栄誉不足になってしまうので、健康な髪を維持することができず、抜け毛が悪化してしまいます。

抜け毛に良い食べ物

抜け毛対策のために積極的に摂ってほしい食べ物は「マゴハヤサシイ」と言って、豆類・胡麻・わかめ・野菜・シイタケ・イモ類です。
母子健康手帳にも記載されています。
たんぱく質やビタミン類、ミネラル、食物繊維が多く含まれている食べ物を積極的に摂取するように心がけることやサプリメントで栄養を補うのもいいかもしれません。

産後のストレス

出産を経験した後は、それまでの自分の体ではないような違和感や初めての育児で戸惑うことや3時間ごとの授乳や寝かしつけなどで疲れがちです。
また、最愛の赤ちゃんへの愛情とともに、当たり前だった自分の時間が無くなり赤ちゃん中心の生活になり強いストレスが溜まってしまうのも事実です。

無理なダイエット

産後はどうしても妊娠前の体型に戻りたいと思い、無理にダイエットをしてしまうママも多いですが、無理は禁物です。
また、体型が戻らないからと言って偏食になると母乳や髪の毛にまで栄養は行きませんし、
ダイエット自体がストレスになってしまうのでまずは簡単なストレッチから始めることをおすすめします。

ストレスを溜めないためには

産後の抜け毛はストレスと上手に付き合って対策をすることが大切で、特に重要な3つを紹介します。

休日は家族に協力してもらいみてもらう

平日は難しくとも休日だけは面倒を見てもらうことや家事の分担をするなどできるだけ協力してもらいましょう。

ストレスを感じているのは自分だけではなく、産後のママみんな同じだと理解する

自分だけと悲観的にならずに「きっとみんなストレスを感じている」と楽観的に考えましょう。
また、周囲のママ友やママの先輩であるお母さんに相談をすると気が楽になります。

栄養不足の改善

忙しい育児で自分の体や健康に気を遣うことができないママも多いですが、母乳に栄養が失われるため、バランスの良い食事を毎日摂りましょう。

睡眠不足

育児でなかなか思うように睡眠時間をとれないかと思いますが、睡眠をとらないと免疫力が低下してしまい、疲れにより貧血になってしまう人もいます。
また、成長ホルモンの分泌がなくなると髪の毛の成長を妨げてしまうことや自立神経のバランスも悪くなり、血液不足で髪に大切な栄養が行き届かなくなります。
さらに、睡眠不足でストレスが溜まり育児ノイローゼになりうるので気を付けましょう。

まとめ

産後の抜け毛は誰もが経験しており、およそ1年後には抜け毛は落ち着いてくるとされています。
抜け毛によるストレスと上手に付き合ってマイペースに過ごすことが大切です。
気にしすぎてしまうと悪化してしまうので、周りの家族に協力をしてもらいながら育児を楽しみましょう。